プロフィール

hokubuu

Author:hokubuu
お越しいただきありがとうございます

福島県喜多方市在住

福島県会津界隈の風景を
撮っています。
時折り実家に帰った時に見る風景も披露。

少しでもいい色を残せたらと思っています。


camera:
Nikon D90
Nikon coolpix990
Nikon D7100
apple iPad mini3
rens:
NIKKOR DX VRⅡ18-200
SIGMA 150-500 APO HSM

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する

2013.06.05    カテゴリ:   

   生まれ来る子たちへ



仕事帰り
会社の北口を出ようとしたら
足元にツバメのヒナが横たわっていました

拾い上げたらまだ暖かかった...

幼鳥の独特の香り
昔,ジュウシマツやセキセイインコを育てた子たちの香りに似ていました

春は生まれ来る子たちに溢れかえる毎日

しかし
力ない若い命は弱く
数しれぬ息吹が失われる時期でもあります

今まで
たくさんの帰らぬ個体をスケッチしました
そして皆を土に帰しました

わたしはただただ埋めた彼らに合掌するだけなのです

スポンサーサイト
巣から落っこちてしまったのでしょうか。
生き物すべて生き延びるというのは
奇跡に近いことなのでしょうね。

正直言って動物が傍に寄ってくるととても
怖いのです。知っている人が飼っている
猫や犬は平気なのですが見知らぬ動物は
苦手です。

以前散歩中に箱に入れられた瀕死の犬に
出くわしたことがあるのですが、自分で
近寄ることが出来ず、動物愛護団体に
連絡したことがあります。

リードから離された犬にとびかかられて
怖い思いをしたことがあるのがトラウマに
なっているのかも・・です。

絵に描いて土に返してあげるなんて
優しい方ですね。
あやのさんへ

つらい思いをしたことを話してくださってありがとう。

「生きるって厳しくて辛いこと」を
わたしはしみじみと感じています。

今のわたしたちは先進の医療で「生かされている」
だけなのかもしれません。

あと幾年経ったらわたしも命を終える日が来るのでしょう。
命を落とした時、わたしのような者でも、
誰かが土に埋めてくれる事を願っています。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © わたしの詩の心の世界 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog