プロフィール

hokubuu

Author:hokubuu
お越しいただきありがとうございます

福島県喜多方市在住

福島県会津界隈の風景を
撮っています。
時折り実家に帰った時に見る風景も披露。

少しでもいい色を残せたらと思っています。


camera:
Nikon D90
Nikon coolpix990
Nikon D7100
apple iPad mini3
rens:
NIKKOR DX VRⅡ18-200
SIGMA 150-500 APO HSM

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する

2012.12.03    カテゴリ:  美術 

   I think of Andrew Wyeth


冬の始め
冷たく寒い風景を迎えると
Andrew Wyethの風景を想い出す

近くの丘陵地を歩きながら
緩やかな丘の曲線
そしてどんよりとした空を見ていたら

遠く昔の
彼が過ごしたという
State of Maine を見たような気がした

わたしがまだ藝大受験を目指していた頃
教えをいただいていた
S先生に見せていただいた
使い込まれたAndrew Wyethの画集を未だ思い出します

この風景をいつか
わたしの想うように描けたらと願いつつ...。
スポンサーサイト
何処か寂しげでスとレートで
心のどこかに潜んでいるような
風景ですね。
あやのさんへ

ありがとうございます。

Andrew Wyeth(アンドリュー・ワイエス)は、
水彩と油彩を使いこなして風景を中心とした秀逸な作品を残しました。

そんな作品を思いかえし写真を撮りましたが、
なかなか真似できるものではありません。
人気がない風景ですが、何か、
その中に見出だせる物があればと思うのですが...。
おはようございます。
今年もいよいよこの季節を迎えましたね。

私もこいう風景に心惹かれます。
アンドリュー・ワイエス。
一見、荒涼とした印象のようで、
それだけではない静かな情熱も感じました。
とても好きな画家で、昔の展覧会の図録を今も時々眺めます。

hokubuuさんの絵も拝見したいです。

冬の小鳥も愛らしいですね!
ハルさんへ

いつもありがとうございます。

また寒い季節がやってきました。
近所の山に行ったら仰ぎ見る丘陵にワイエスの作品を思い出しました。
わたしが福島県立美術館で見た展覧会は習作が多く展示されていて、
彼が作品を創ってゆく考え方を垣間見ることができました。

先日、お隣さんからいただいた、
柿の実を水彩で描きましたがなかなか難しくて、
中途半端で部屋の片隅に置かれてたままですね...。

家の近くに来る鳥たちがめごくて、
また、彼らを描いてみたいものです。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © わたしの詩の心の世界 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog