プロフィール

hokubuu

Author:hokubuu
お越しいただきありがとうございます

福島県喜多方市在住

福島県会津界隈の風景を
撮っています。
時折り実家に帰った時に見る風景も披露。

少しでもいい色を残せたらと思っています。


camera:
Nikon D90
Nikon coolpix990
Nikon D7100
apple iPad mini3
rens:
NIKKOR DX VRⅡ18-200
SIGMA 150-500 APO HSM

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する

2012.10.01    カテゴリ:  鉄道 

   金山町の駅舎



只見線を愛する多くの人たちが通うこの駅舎

「会津川口駅」

未だ災害の後を払拭できないでいる事を
このホームに立ち
風景を見渡せば一目瞭然
すぐにわかります

鉄路が閉ざされ
向かう西へと走ってゆけないことも・・・


tadamisen_kawaguchi2.jpg


よきことと考え
大自然相手に作り上げた川を止める多くの堰

人が作った弱々しいものを保守してゆくには
山々に対する多くの慣れ親しみが必要ではないでしょうか

橋梁を映す水面は近代40年前以降の絵
今ある水の流れは40年以前に近い姿

しかしながら近いだけであって
40年前の昔にも戻りきれない寂しい姿が今の只見川にあるのかもしれません



tadamisen_kawaguchi1.jpg



誰もが理解する美しい風景の中に

ここ金山の住む人を待つ
気動車の
静かな呟きが聞こえたような気がした

そんな平日の昼のひとときでした

只見線(会津川口駅)




スポンサーサイト
そうなのですか、車体の傷が痛々しいですね。
不便だけじゃなく、自分の体の一部を
なくしたようなむなしい気がします。
あやのさんへ

ありがとうございます。

古い車体は厳しい山間を走り続けています。
去年7月の豪雨による被災で、
鉄橋は陥落し民家は流され悲惨な状態に陥りました。

地元民でもない私が簡単な言葉で表現出来るものではありません。

人も川も山も、
そして気動車もさみしい想いで一杯でしょうか。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © わたしの詩の心の世界 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog