プロフィール

hokubuu

Author:hokubuu
お越しいただきありがとうございます

福島県喜多方市在住

福島県会津界隈の風景を
撮っています。
時折り実家に帰った時に見る風景も披露。

少しでもいい色を残せたらと思っています。


camera:
Nikon D90
Nikon coolpix990
Nikon D7100
apple iPad mini3
rens:
NIKKOR DX VRⅡ18-200
SIGMA 150-500 APO HSM

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
このブログをリンクに追加する

2012.01.29    カテゴリ:  鉄道 

   北国列車6

駅々で止まるごとに皆に撮られていました
一晩だけの短い夜が過ぎてゆきます


kitaguni-3_20120129175135.jpg

明ける朝は早くて
夜がとても短すぎて・・・
わたしが撮った写真では語りつくせません

「きたぐに」を降りる時間がまもなくやってきます

機会があればまた
揺られてみたいです

今回お話を聞かせていただいた方々
お会いした方々
ありがとうございました

1枚目北陸本線(直江津)
2枚目信越本線(東三条~加茂)
スポンサーサイト
こんにちは。

「きたぐに」に揺られて、とても素敵な旅だったようですね。写真から、列車の音や暖房のきいた車内の匂い、ホームの冷えた空気の感じなどが、ひしひしと伝わってきます。

数日にわたった北国列車の記事、感慨深く拝読させていただきました。ぼくも列車に乗って、どこか遠くに行きたくなりましたよ。

では。
道下 森さんへ

「感慨深く拝読」なんて・・・
お恥ずかしい限りの拙い文章を読んでいただいて
ありがたく思っています。

今回出張の帰りで、乗車できる機会があった事は何かの縁ですね。
実は以前一回だけ乗った夜行列車もこの三段式の窮屈な、
寝台電車だったのです。
先を急ぐ現代の旅のシーンを考えると、
寝台車は今となっては不便、それゆえ贅沢な乗り物です。

短い時間、寝るのも惜しんで「情景」を記憶に留めてきました。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © わたしの詩の心の世界 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog