プロフィール

hokubuu

Author:hokubuu
お越しいただきありがとうございます

福島県喜多方市在住

福島県会津界隈の風景を
撮っています。
時折り実家に帰った時に見る風景も披露。

少しでもいい色を残せたらと思っています。


camera:
Nikon D90
Nikon coolpix990
Nikon D7100
apple iPad mini3
rens:
NIKKOR DX VRⅡ18-200
SIGMA 150-500 APO HSM

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する

2011.10.28    カテゴリ:  鉄道 

   繋がる



機会があり韓国の方を招き作業の依頼、それを終え本日夕刻喜多方駅を発ちました。

ことばの不自由さがあり、意思疎通ができず身ぶり手ぶり、絵を描いて説明したり、英語と日本語と、

ごちゃ混ぜの言葉の数々・・・。

長い道のり、気動車の乗り心地は疲れた身体にいかがだったでしょうか?

新潟には無事到着されましたでしょうか?

彼らは明朝、新潟空港から韓国仁川(インチョン)国際空港に帰ります。

감사합니다!수고하셨습니다。

磐越西線(喜多方~山都)
スポンサーサイト
こんばんは。

韓国の方とのやり取り、お疲れさまでした。たいへんでしたね。ですが、言葉は通じなくとも、身ぶり手ぶりでのコミュニケーション、貴重な経験だったと思います。

今回の写真も、心にしみます。夕暮れの中を走りゆく磐越西線の汽動車。そして野焼き(?)の白い煙。

寂しげで、だけど温かな情景。

また、会津をおとずれたくなります。だけど、もう相当に寒いのでしょうね。いつ頃から、雪景色になるのでしょうか。

いつも素敵な写真をありがとうございます。撮影が厳しくなる季節になりますが、くれぐれもお身体には気をつけてください。
道下 森さんへ

こんばんは。
いつも見ている気動車ですが、「彼らの乗る車両を見送っている」っていう状況になると、不思議と見え方が違ってくるのが心情というものなんですね。構図の中に野焼きを入れたのもこんな気持ちからでしょうか。お気づきになられてなんだか嬉しく思います。「冬」が会津の真骨頂と言えます。お心遣いを感じながらまた、冬景色を捉えていきたいと思っています。ありがとうございました。
こんばんは。
タイトルが前の「繋がる」と一緒でしたので、おや、と思いました。
そして、ああ、と感じ入りました。
この一枚は、涙が出てきます。

韓国は一度だけ、観光で訪ねただけですが
彼の地で出逢った方々のお顔や
オンドルにあたたまりながらいただいたお料理の美味しさが
懐かしく鮮やかに蘇ります。

野焼きの白い煙。冬支度がはじまりましたね。
ハルさんへ

鉄道の撮影をしている、この行為を通して色々な物事が「繋がる」という表現ができればと思っています。20年ほど前に韓国に尋ねた折り、青磁を扱う美術館を訪ねたときにバスで乗り合わせた帰宅途中の小学生に道案内をしていただきました。他国から来た者といえども「目上を敬う」儒教の教えが脈々と受け継がれているのだなと感じました。私自身そんな昔の気持ちが今、繋がったのかもしれません。

野焼きの白い煙は、なんだかこころ温まるように見えますね。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © わたしの詩の心の世界 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog