プロフィール

hokubuu

Author:hokubuu
お越しいただきありがとうございます

福島県喜多方市在住

福島県会津界隈の風景を
撮っています。
時折り実家に帰った時に見る風景も披露。

少しでもいい色を残せたらと思っています。


camera:
Nikon D90
Nikon coolpix990
Nikon D7100
apple iPad mini3
rens:
NIKKOR DX VRⅡ18-200
SIGMA 150-500 APO HSM

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
このブログをリンクに追加する

2011.10.14    カテゴリ:  鉄道 

   第一只見川橋梁の今


夏の只見近隣の災害から2ヶ月以上が経ちました。近所に住んでいながら怖くて、また、写真撮影で尋ねるといういわゆる「物見遊山」で行くことにためらいがあり訪れるのにだいぶ時間を費やしてしまいました。河原には上流から流れついた残骸もあったりと構図の決め手を欠いたまま、気持ちの整理がつかぬままシャッターを押していました。柳津の発電所が開放しているせいで水位は何メートルも下がっていて水鏡は到底無理な状況です。しかしながらふと考えると、これがダムのない自然な状況に近い只見川なのかもしれません。以前このブログにてアップロードした第一橋梁の記事に「40年前と変わらない・・・云々」の表現は全くの間違いであって、この写真が40年前に近い景色なのかもしれないと若輩者の私がわからぬままただただ、つぶやくだけです。

只見線(会津桧原~会津西方)
スポンサーサイト
こんにちは。時々伺っておりました。
あたたかな思いの伝わる写真、とても素敵ですね。
今日のこの風景の町に、住んでおります。
只見線も金山町から小出まで不通となってしまい、本当に残念です。
「只見川は昔はこうだったんだ」と古老は言います。
でも、あのエメラルドグリーンの深い水の色は懐かしい。
こんなふうに優しいまなざしで撮っていただいて、嬉しくなりました。感謝。
ご訪問ありがとうございます。
私も遠い地から今住む村へやってきました。

変わらぬ事。安住をいつくしむ。
「会津」を象徴する言葉でしょうか。

同じような日常が、ハルさんのブログにも表現されていて
何か励まされる気持ちでいっぱいです。

これからもよろしくです。








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © わたしの詩の心の世界 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog