プロフィール

hokubuu

Author:hokubuu
お越しいただきありがとうございます

福島県喜多方市在住

福島県会津界隈の風景を
撮っています。
時折り実家に帰った時に見る風景も披露。

少しでもいい色を残せたらと思っています。


camera:
Nikon D90
Nikon coolpix990
Nikon D7100
apple iPad mini3
rens:
NIKKOR DX VRⅡ18-200
SIGMA 150-500 APO HSM

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログをリンクに追加する

2011.08.10    カテゴリ:  鉄道 

   ありがとう

583-1.jpg天気が良くって、私たち会津に住む者にとっての馴染み深い山「磐梯山」を背景に
あなたを見送ってみました。


583-2-1.jpgあなたは特急や寝台特急として活躍し更に、この地に来て暑い日も寒い日も走ってくれました。

583-3.jpgあなたは、あの時上野駅で出会った「ひばり」とか「はつかり」とか、
唯一わたしが乗車したことのある「はくつる」だったのでしょうか?
だいぶ、古くしましたね。
他の所属になっても末永く変わらず働いて下さい。
乗車した時の、あの昭和の香を忘れません。

ありがとう・・・。
スポンサーサイト
  • ありがとう583系あいづライナー
  •  すぎ作 
  • 2011.08.11 21:13  
  •  [ 編集 ]
美しい583系の写真ごちそうさまです。
その昔、父に連れられて電車を見に行った上野駅。そのとき出会ったのは赤いヘッドマークの特急みちのく。忘れもしない583系との出会いでした。
あいづライナーのヘッドマークは一見みちのくにも似ていますね。あれから30年以上が過ぎた今、磐越西線で583系に出会えるとは思ってもみないことでした。
会津から転属してしまうのは悲しいですが、一年でも長く活躍してくれることを願ってやみません。
  • Re: ありがとう583系あいづライナー
  •  hokubuu 
  • 2011.08.11 22:53  
  •  [ 編集 ]
すぎ作さんへ
ご訪問&コメントをありがとうございます。

すぎ作さん同様、私も幼少の記憶は重たくって忘れ得ぬ記憶となっています。

583系特有の青いラインの幅広さと全高の高さ、そして窓の大きさ・・・。
当時「JNR」のデザインがかっこよかったと思いました!
「はくつる」は大学時代、スケッチ旅行で青森に行った時乗車しました。
そんな583とこの地で再会できるなんて・・・夢にも思いませんでした。

年齢はすぎ作さんと同じくらいでしょうか(笑)
どこに行っても見守りたいですね。
ええ。秋田に行っても末長く活躍してくれることを期待したいです。
たしかにJNRのマークはカッコ良かったです。その後高校生~大学生の頃はくつるやゆうづるにも乗りましたし、シュプール蔵王とかにも乗りました。そしてその後鉄道から離れていた二十数年、私を鉄道の世界に戻してくれた磐越西線の583系には、ありがとうの言葉がぴったりです。
ん~北部ぅさんとは同じくらいの世代な気がしますね。ちなみに私は1971年生まれです。
すぎ作さんへ

> ん~北部ぅさんとは同じくらいの世代な気がしますね。ちなみに私は1971年生まれです。
私は高校から一昨年まで「鉄」と離れていまして約30年のブランク、あれれぇ~すぎ作さんの7つ上ですねぇ~(^_^;)
鉄道にはあまり詳しくはないので某スレットでは大変勉強になることばかりです。また、昨今、福島はいろんな災害があり寂しい思いでいっぱいです。そんな中、会津を気に入って遠くから足を運んでくれるすぎ作さんを初めとする沢山の人達をありかたく思っています。これからも宜しくお願いします。

あら~北部ぅさんはよるっちさんやだるねこが好きさんと同世代なんですね。昨年から福島で相次ぐ災害は悲しい限りですが、
少しでも会津の良さを伝えていければと思っています。
そんな中で再会した583系にはたくさん思い出をもらいました。
残り少ない国鉄型にも頑張ってほしいものですね。
すぎ作さんへ

>よるっちさんやだるねこが好きさんと同世代なんですね。

あっ、そうだったのですか!
心強いですっ(笑)

皆に盛り上げてもらう「極上の会津」を
私たちは決して忘れてはいけないんだと思います・・・。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © わたしの詩の心の世界 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog