プロフィール

hokubuu

Author:hokubuu
お越しいただきありがとうございます

福島県喜多方市在住

福島県会津界隈の風景を
撮っています。
時折り実家に帰った時に見る風景も披露。

少しでもいい色を残せたらと思っています。


camera:
Nikon D90
Nikon coolpix990
Nikon D7100
apple iPad mini3
rens:
NIKKOR DX VRⅡ18-200
SIGMA 150-500 APO HSM

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
このブログをリンクに追加する

2017.11.19    カテゴリ:  鉄道 

   峠をゆく




深き峠を越え
新潟へ向かう蒸気機関車

昔 磐越西線の汽車を乗られた方に共感していただけたらと

本来であれば
植林された杉や
圃場整備され田畑が無かった頃を彷彿とさせる
絵を撮りたいのですが...
それはなかなか叶いません



2017年11月19日撮影
SLばんえつ物語
磐越視線(喜多方~山都)

スポンサーサイト

2017.10.21    カテゴリ:  登山 

   木道に寄せて

201710210141099e8.jpeg 

露が輝く田代山湿原の道

滑らぬように
転ばぬように
ゆっくりと踏みしめて歩くんだ
木道って好きなんだよなぁ

2017年10月8日撮影
福島県南会津郡南会津町 田代山湿原

2017.10.19    カテゴリ:  登山 

   輝くキンコウカ







キラキラと
枯れ果てても未だ絶えて輝く

翌年芽吹く力を蓄えて
やがて来たる豪雪の下の
深い眠りにつく

来夏
黄色い花咲くころに会えたらいいね




2017年10月8日5:45撮影
福島県南会津郡南会津町 田代山湿原





2017.10.17    カテゴリ:  登山 

   キンコウカの呟き 田代山湿原

20171008 tashiroyama shitsugen 1 



田代山湿原の夜明け

無風
快晴
雲海


余りにも美し過ぎて
余りにも尊過ぎて...

「物見遊山ならここに居ないでほしい」


そんな言葉を足元に枯れているはずのキンコウカに
言われたような気がした


居てもいいけれど
その代わりに
目を凝らして

「精一杯の気力でこのわたしが育つ日常を見ていきなさい」

と聞こえたのは一瞬そよいだ風の音だったのだろうか




またいつか
この場所で明ける朝を見に来たくなった
そして
黄色い花咲くキンコウカたちに会いに


2017年10月8日5:21撮影

福島県南会津郡南会津町 田代山湿原



2017.10.15    カテゴリ:  登山 

   月夜

20171008 tashiroyamasitsug2 

今宵は月夜を独り占め

小屋から眺めるオリオン座

少し足を延ばしては



湿原の木道を歩きゆく

月夜の明るさありがたく


昔 山に住んでいた頃を思い出します
街灯なんか無くて
真っ暗夜道を歩いた
そんな場面も月さえあれば
どんなところにも行けそうなほど
明るかったことを

ましてや冬の雪道など
煌々と照らす様は
県境の山々まで見通せました

山形県境の大塚山がくっきりと...


紅葉と昇るオリオン座をを配して撮ってみました


2017年10月8日1:17撮影
福島県南会津郡南会津町 田代山湿原 避難小屋より















2017.10.13    カテゴリ:  登山 

   暮れゆく湿原






暮れゆく湿原

わたしを一人残し
やがて来る漆黒の暗闇の時間がやってくる

とは言っても
お楽しみの食事
今夜のお宿には荷物を置き腹ごしらえをしました
照明器具の点検と
夕食を作る用意もすでにできている

相棒のジジもいるし
今夜泊まる避難小屋
そこの宿の主もいる 笑
(その御正体は弘法大師様)
にぎやかな夕べになりそうです

昨日のここの天気は荒れていて
風速20mくらいの風が吹いていたそうです
現在は濃霧無風
こんなにも風のない穏やかな高地は初めてです

今宵は星空が期待できそうです

2017年10月7日16:34撮影
福島県南会津郡南会津町 田代山湿原1,926m



2017.10.11    カテゴリ:  登山 

   田代山湿原 

20171007 tashiroyama shitsugen jiji







いつもの相棒と山に行ってきました

登り口では霧が濃く風も強かった
一人だったので少々不安でしたが
標高が上がるにつれて風は収まりぼんやりと景色が

高層湿原っていいですよね
自分の中では「別天地」という表現が最も近いと考えます

この日は10人ほどのハイカーと声を掛け合いました
天候もはっきりしない日の15時も過ぎれば
あとは誰一人昇ってくる事はないでしょう

貸し切りという贅沢をひとりにやにやほくそ笑み
薄暗くなるまでバーボン片手に思いふけり
景色を堪能しました

木道で寝転がると少しだけ温もりが残っていました


2017年10月7日13:56撮影
福島県南会津郡南会津町 田代山1,971m 田代山湿原1,926m




2017.10.05    カテゴリ:  冬風景 

   飯豊山初冠雪

201710052224406e1.jpg  


引き締まる思いで

やがてやってくる…
雪を待つのです

山から降ろす冷たい風が心地よい

雪国に住まう嬉しさを感じる


2017年10月5日7:50撮影

飯豊山

三国小屋

三国岳



詳細を読む »

2017.09.25    カテゴリ:  昆虫 

   静かな午後

20120915 tonbo primus





君のことは忘れないよ

primus stoveにとまる
アキアカネでしょうか

2012年9月15日撮影




2017.08.22    カテゴリ:  鉄道 

   会津平 只見線


昨今の天候の目まぐるしさと
会津平のお米の成長ぶりを見て頂ければと…

ここの逆パースに見える
圃場区画が気に入ってます


2017年8月20日撮影
只見線(会津高田〜根岸)



2017.08.15    カテゴリ:  夏風景 

   思い出す幾つもの夏の思い出

20170815153537514.jpg 

雨が止んだほんの僅かな時間


ほんの僅かな青空を探す


そんなことしてたら

今日のこの日も夕刻になってしまった


思い出すのは幾つもの夏の思い出でしょうか



いつものbackpackを背負っての負荷散歩にて



2017年8月14日撮影




2017.08.02    カテゴリ:  登山 

   西の方の小さな山小屋 御西小屋

20170624 onishigoya iidesan-1

空を近くに感ずる

飯豊連峰尾根歩き

大切な時間を過ごすことができた


いつかここに留まって
この大きな空と
真向かいに見える大日岳を仰ぎ見たい


来年に向ける些末な願い



飯豊連峰 御西小屋

2017年6月24日撮影


2017.07.13    カテゴリ:  登山 

   雪渓をゆく


雪渓をトラバースする

沢山の積雪
下界からは想像もつかない風景が広がる

飯豊山
御西岳
駒形山

2017年6月24日撮影

2017.07.11    カテゴリ:  登山 

   コメバツガザクラ 飯豊山


朝日を浴びて

7人兄妹みたいで

可愛いいね

コメバツガザクラ


花の名前が

分からないから

帰ってきて

調べました


花 鳥 樹木

全部で30種類くらい

他にも沢山の

ありました


飯豊山の楽しみは

花見です


嬉しくて

ワクワクします


2017年6月24日撮影

飯豊本山

2017.07.09    カテゴリ:  登山 

   ハクサンイチゲのお花畑



飯豊山 駒形山 飯豊連峰 尾根歩き キクザキイチゲ


2017.07.09    カテゴリ:  登山 

   ヒメサユリの咲く頃

20170709151531fdc.jpg


剣ヶ峰に咲くヒメサユリ


飯豊山 剣ヶ峰 ヒメサユリ 三国小屋 三国岳


2017.06.13    カテゴリ:  登山 

   おはようございます カタクリの花

20170529 mikunigoya katakuri asahi



冷たい朝を迎えました

そんな中で寒さにじっと耐え
花弁を閉じ

日の出を迎えるカタクリ

今日はここを離れて下山します


今月末また来ることができるかな?
その頃はきっと
実を付けたあなたを見られるでしょう




福島県喜多方市
飯豊山三国岳三国小屋

2017年5月29日撮影






2017.06.08    カテゴリ:  登山 

   桜散る 三国小屋

20170529 sakura chiru mikunidake



タカネザクラの花びらが落ちる

また次の年に会えることを願って





福島県喜多方市
飯豊山三国岳三国小屋

2017年5月29日撮影

2017.06.08    カテゴリ:  登山 

   蔵王から昇る朝日 三国小屋

20170529 mikunigoya yonezawa zao

2017.06.04    カテゴリ:  登山 

   タカネザクラ

20170529 sakura mikuni takanezakura dainichidake









20170529 sakura mikuni takanezakura


ありがとう

2017年2月24日の河津桜から始まって
ここ飯豊三国小屋での桜

感謝感謝です

また来年皆に会いたいです

下山しますよ




福島県喜多方市
飯豊山三国岳三国小屋

2017年5月29日撮影

2017.06.03    カテゴリ:  登山 

   三国岳 宵

20100528 mikuni sasoriza bandaisan kitakata





会津盆地方面を望む
磐梯山のシルエット
そしてわたしが住まう町の明かりも見える

いつもあちらから眺めている景色

市街地の明かり
満点の星の中

さそり座が登ってきた





20170528 mikuni kitakata 







今宵の宿

三国小屋がひっそりと佇む

わたしはこの後
小屋に戻り
背負い上げたごっつぉ(ご馳走)を
食べたり飲んだり

楽しい夜を過ごしました




福島県喜多方市
飯豊山三国岳三国小屋

2017年5月28日撮影



2017.06.02    カテゴリ:  登山 

   飯豊山 大日岳 晴れ上がる

20170528 mikuni iidesan dainichidake e



晴れ渡る飯豊連峰

右ピーク:飯豊山本山方面(本山小屋)
左ピーク:大日岳

夕刻になってにわかに雨が上がり
霧が消え去った

山の天候の急変には
驚くものがあります



福島県喜多方市
飯豊山三国岳三国小屋

2017年5月28日20:02撮影

2017.06.01    カテゴリ:  登山 

   ご飯ごしらえ 飯豊山三国小屋

20170528 mikunigoya


風雨強く気温も9℃と冷え込み始め



外での花見も早々に切り上げ
ご飯ごしらえです


重いのに
背負ってきた
缶酎ハイなど開けて

さっそく乾杯

楽しいひと時が
贅沢に過ぎてゆきます

20170528 mikunigoya sakura



三国小屋2階より


タカネザクラよ
風雨に耐えて
また明日
その姿を見せておくれ

福島県喜多方市
飯豊山三国岳三国小屋

2017年5月28日撮影

2017.05.31    カテゴリ:  登山 

   山行 剣ヶ峰へ 

20170528 iide mikuni kenngamine temae



積雪を上ったり下ったり
風雨と濃霧で
せっかくの絶景は何処へやら

前方に現れるはずの
剣ヶ峰がほとんど見えませんし
三国小屋はまったく見えません


タカネザクラがきっと待っていてくれる

それだけを信じて
登りました

風が冷たくなってきました

今夜のお宿到着まであと少し

飲み物食べ物
たくさん詰め込みすぎて
いつもより
backpackが重たいです

美味しい食事も楽しみです




福島県喜多方市
飯豊山三国岳三国小屋

2017年5月28日10:48撮影

2017.05.30    カテゴリ:  登山 

   早春三国岳

20170528 iide mikuni sakura s


残雪を超え
剣ヶ峰の岩場をへばりつきながら歩き
風雨と濃霧の中たどり着いた
山桜
タカネザクラ
(ミネザクラ)

咲いてました

今年最後の桜花見を
山小屋一泊して
楽しみました

多い積雪
春というには余りにも遠く

雪解けはまだまだ先ですが
花たちは咲き

わたしの目を
そして
心を和ませてくれました



福島県喜多方市
飯豊山三国岳三国小屋

2017年5月28日撮影

2017.05.24    カテゴリ:   

   春を想う アカゲラ

akagera 1





akagera 2


裏山の

少しだけ
輝く木々を見つめた

あなたたちは盛んに親御の姿を追い求めた


けれど親御は帰ってこなかった


幹にしがみつき

そのまま息を絶える子供たち


春は
出会いと別れの様相を多分に受け入れざるを得ない季節



アカゲラの子たちを
描いた下手な絵をここに置きます

福島 会津 喜多方

2017.05.23    カテゴリ:  鉄道 

   会津若松駅扇形庫

20170522 aizuwakamatsu senkeiko
  

静かな宵が過ぎ行く

只見線を走ったC11325が休む扇形庫

会津若松駅扇形庫
2017年5月22日撮影



2017.05.22    カテゴリ:  春風景 

   初夏の使者 ウスバシロチョウ

20170521 usubashirochou s



はね上げた雪囲い兼雨除けの屋根に

黒色の寒冷紗を架ける
毎年恒例の作業を庭でしてたら

ふわりふわり
モンシロチョウとは違う

独特な飛び方をする
ウスバシロチョウがタンポポの
花から花へと
優雅に飛び回ってました

蜜を吸うのが一所懸命だったのでしょうか
近くでカメラを向ける
わたしのことなど気にせずに

これから暑くなるんですね

ゆっくりと
夏へと向かう
ここ会津地方です



2017年5月21日撮影

2017.05.16    カテゴリ:  春風景 

   山野の花 イワウチワ

20170512 iwauchiwa e_s


毎年来るこの場所
http://hokubuu.blog100.fc2.com/blog-entry-922.html

斜面の崩落はなくて

今年の開花は六輪

この林道で見る

山桜と

大好きなイワウチワを見ることができて

ありがたく思ってます



2017年5月12日撮影





2017.05.14    カテゴリ:  春風景 

   宵の山桜

20170512 sakura s


誰に見られることもなく
標高1000mあまりの林道脇に咲く桜


深々と日が落ちる奥山の宵

とうに渡り来たツツドリやジュウイチが薄暗い空で叫ぶようにさえずる

今年もありがとう

風そよぐあなたの花びらが

ひとつふたつと舞い降ります

福島 会津 喜多方 熱塩加納
2017年5月12日撮影





2017.05.13    カテゴリ:  春風景 

   山桜を追いかけて

DSC_8770 sakura s



DSC_8802 sakura e

    

DSC_8771 sakura s 
 

 
DSC_8773 sakura s 


桜花

今年も
あなたたちの花咲く姿を見ることができました

夕刻時間で
光量を頂くことが出来なかったが...


福島 会津 喜多方 熱塩加納
2017年5月12日撮影

2017.05.11    カテゴリ:  昆虫 

   越冬を終えて オツネントンボ

20170430 otsunentonbo kitanosato e s




冷たい冬の間
うちの小屋にいた子たちではないでしょうが

今年の冬を無事のり越えて

春を営む
オツネントンボたち

その
かぼそく
弱弱しい姿はとっても地味で

そんな彼らの姿を見落とさぬよう
忘れぬよう

わたしは
注意を払って
野山を見つめます


福島 会津 喜多方 喜多の郷
2017年4月30日撮影


2017.05.10    カテゴリ:  春風景 

   今となってはもう散ってしまったよ

20170504 sakura se s


今となってはもう散ってしまったよ

あなたの花弁色に会えるのは
また来年となります


来年咲かせる花のために
思い切り
大空に
若葉を広げてくださいな



福島 会津 喜多方 喜多の郷
2017年5月4日撮影


2017.05.08    カテゴリ:  春風景 

   山桜咲く

20170508 yamazakura kitanosato e s



さて
これからの季節は
山桜が
ここ標高300mから1600mへと駆け上ってゆきます

今年も最後まで追いかけたいですね

1600mの最終地点は
もちろん
飯豊山中腹
三国岳のタカネザクラです


福島 会津 喜多方 喜多の郷
2017年5月8日撮影


2017.05.07    カテゴリ:  春風景 

   春の彩り

20170507 jitensya s


春の彩り

今日の仕事帰りの絵

わたしが住む夕刻の沢沿い

桜咲く山々の彩りを眺めながらの帰宅です


2017年5月7日撮影




2017.05.06    カテゴリ:  春風景 

   桜咲く奥会津 熱塩加納

20170505 sakura4



20170505 sakura3



20170505 sakura2



20170505 sakura1


優しき季節を迎えて

福島 会津 喜多方 熱塩加納
2017年5月5日撮影


2017.05.04    カテゴリ:  春風景 

   飯豊山 桜

20170504 iide sakura e_s


田仕事初め

会津 喜多方 飯豊山 桜


2017年5月4日撮影

2017.04.30    カテゴリ:  春風景 

   夜桜 星を仰ぎ見る





赤い光を放つアンタレスと共に

夏の星座「さそり座」が登ってきました

福島 会津 喜多方 喜多の郷

2017年4月28日23:03撮影




2017.04.29    カテゴリ:  鉄道 

   桜坂

20130429 221d kiha butaida e s



おはよう舞台田の朝


新潟行きの始発列車が慶徳峠をめざします

磐越西線(喜多方~山都)
221D列車

2013年4月29日5:52撮影

2017.04.27    カテゴリ:  春風景 

   飯豊の麓に

DSC_8256 ee1



この地に移り住み
飯豊の麓で20年ばかりの生業を重ねてました


わたしが今立つこの場所を
あなたはきっと見すえているのでしょうね

輝く飯豊本山小屋へ

わたしが住む町に桜開花の便りが来たことを
山頂に仰ぎ見て
お伝えします

2017年4月27日撮影

2017.04.27    カテゴリ:  春風景 

   鏡桜

20170423 sakura kitanosato e s



宵のひと時を

夜桜と共に


2017年4月23日19:17撮影


2017.04.26    カテゴリ:  春風景 

   輝きの春

20170423 shidare sakura nicchuu e s2




春を見上げて
桜を見上げて

思い出すこと

人それぞれあるよね

よき思い出
悲しい思い出
寂しかった思い出

すべてを飲み込んで
前へ向かうために
春って
存在するんだ


皆様にとって
良き季節となりますように


もちろん自分にとっても


日中線記念自転車歩行者道しだれ桜
2017年4月23日撮影


2017.04.25    カテゴリ:  春風景 

   さくらさくら

20170423 shidare sakura nicchuu e s3



花いきれ

あふれんばかりの桜花

春真っ盛り

しだれ桜


2017年4月23日撮影

日中線記念自転車歩行者道しだれ桜


2017.04.25    カテゴリ:  春風景 

   春色の風景 喜多方

20170423 shidare sakura nicchuu e s





寄り添って
幹から顔出す桜の花が可愛らしい




日中線記念自転車歩行者道しだれ桜

2017年4月23日撮影

2017.04.24    カテゴリ:  春風景 

   春色の風景と

20170423 c11 sakura e 3s




人たちで賑わう春の喜多方

今年もたくさんのしだれ桜が皆を迎えます

満開まではまだ時間があるようです

かつて喜多方と熱塩駅を結んだ日中線跡地には
遊歩道が整備され
しだれ桜が植えられ

当時活躍したC1163蒸気機関車が
長い長い休暇をとってます

この63号機は
岡山県津山市立南小学校に保存されている80号機と共に
1974年11月
日中線さよなら列車を牽引したそうです

当時を走った姿を思い浮かべることのできないわたしは
季節を通じてここに通うことだけでしょうか





20140208 c1163 s


日中線記念自転車歩行者道しだれ桜
C1163蒸気機関車
1枚目:2017年4月23日撮影
2枚目:2014年2月8日撮影


喜多方市ホームページ

喜多方観光物産協会


2017.04.24    カテゴリ:  春風景 

   雪の残る庭

20170423 niwa_yuki e_s


まだ冷たい風が吹く我が家の庭です

この日は
天気も良く
お隣のフクジュソウを撮らせていただきました


2014年4月23日撮影

2017.04.21    カテゴリ:  春風景 

   お日様をあつめて

20170418 sakura







忙しいふりしているうちに

近所の染井吉野が咲き始めました

今年も無事に春がやってきました


写真は少し前のもの


「ぐいらやってきらったよ」


まずはご報告まで


2017年4月18日撮影




2017.04.17    カテゴリ:  春風景 

   山の桜

20170417 yamazakura e s



雪が融けだし遅い春がようやくやってきた

何にもない田舎町の
その山の土手に目を向ければ
華やかさなんて一つもない
小さな花をつけた山桜に気づく

そしていつも思うんだ

どうか花びらを散らさずに
長く長くわたしを楽しませてくれ、と

雪の下敷きになった
そのか細い幹
永い冬を凌いだのだから
折角の素敵な季節を少しでも楽しもうではないか

まだ肌寒いこの早春
優しい気持ちにしてくれる
あなたの美しさにただただ感謝なのです

会津 喜多方
2017年4月17日撮影


2017.04.11    カテゴリ:  春風景 

   春の花 キクザキイチゲ

20170410 kikuzakiichige e s


今年の春はなかなか気温が上がらず

少し肌寒い日が続きます

昨日
久しぶりに暖かかったので
昼休みに散歩してきました

枯草の上に
小さな白い花

キクザキイチゲの集まりを見つけました

背の低い花ですが
春先は雪に潰され
他の枯草はペシャンコに

このキクザキイチゲは
霜など寒さに強く
春一番に咲くから

春の日差しを独り占め
一身に日を浴びて風に揺らいでました

ゆっくりではありますが
この地にも少しずつ春がやってきました



20170410 kikuzakiichige 


2017年4月10日撮影

2017.04.09    カテゴリ:  鉄道 

   小湊鐡道 石神の菜の花

20170324 kominato ishigami kiha s


「黄色い菜の花たちよ

土に鋤き込まれて

肥沃な土の質感を創ってください」





雪国からここ小湊鉄道へ迷い込んだわたしは
何より
この土の匂いが嬉しかったです




小湊鐡道26列車(上総大久保~養老渓谷)


Copyright © わたしの詩の心の世界 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog